FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
長野・南木曽の名勝「田立の滝」3年お別れ
ちょっと前に訪れた田立の滝の記事が新聞に載っていたので、載せまーす

やっぱり、危険だと思ったんですよね。
この工事で安全な山になるといいなと思います。
そういうわけで、来年からは入山できないようなので、興味のある方は今年中にどうぞ。


長野・南木曽の名勝「田立の滝」3年お別れ 来春から土砂崩れ工事
2007年10月11日 朝刊


 長野県南木曽町の名勝「田立(ただち)の滝」めぐりが、来春から三年間できなくなることがわかった。滝付近の斜面で起きた土砂崩れの拡大を防ぐため、国が滝への登山道を閉鎖して復旧工事をする。町側も了承している。

 田立の滝は、田立国有林内を流れる大滝川が織りなす多数の滝の総称。高さ四十メートルの天河(てんが)滝をはじめ霧ケ滝、不動滝など七つの主要な滝がある。県立自然公園に指定され、町によると愛知、岐阜両県などから年間約一万二千人が訪れる。滝をめぐる約三・九キロの登山道は町が林野庁から借りている。

 同国有林を管理する木曽森林管理署南木曽支署は、主要な滝に近い川の右岸斜面の四-五カ所で計〇・五ヘクタール程度の土砂崩れが起きているのを九月までに確認。崩落地はふだん人の立ち入りはないが、拡大して周辺の木曽ヒノキなどの天然林にも影響しかねない。

 地元から「登山道へ落石の危険がある」として対策の要望もあり「三年間程度」(同支署)の予定で国が工事をする方針が決まった。登山道は資材運びに使うほか、工事に伴い土砂が落ちる危険があるため閉鎖となる。

 「南木曽町誌」によると、田立の滝登山道は明治の半ばから大正時代にかけて、地元住民の勤労奉仕などで造られた。昨夏には老朽化した桟道の修理を住民の手で実施するなど、地元が再び誘客に力を入れ始めた。

 南木曽町観光協会の宮川正光会長(南木曽町長)は「十一月の紅葉の時季、大勢の皆さんに向こう三年間の“見納め”に来てほしい」と話している。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

fukufuku

Author:fukufuku
FC2ブログへようこそ!
感想、ご意見などお待ちしています。
お気軽にコメントくださいませ~♪

光の色 風の色 バナー
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード